犬ノイローゼ

みなさん、むこう1週間、突然のゲリラ豪雨にお気をつけください。

とまぁ、時候のあいさつもすんだところで。

画像

ブログでお友達になった(してもらった)かたのところで、このほどケアンのパピーちゃんを迎えました。
毎日楽しみに、また、どきどきもしながら覗きに行っているのですが、それで色々なことを思い出しました。

画像

亜花が我が家にきた当初、わたしはものの1週間でノイローゼになってしまいました。
なんちゅうかそのぅ~、育児ノイローゼというものですか。・・・犬なのに?なに言ってんの?とお思いでしょうか。
でも本当です。本当なのです。

亜花がうちへ来た瞬間から、由々の態度が豹変しまして。
・・・まぁ元々、大の犬嫌い(自分が犬なのは棚上げ)、わがまま放題で10年間、蝶よ花よと育てられてきて、いきなり、しかもケアンテリアの子犬を差し出されて「ほい、今日からあんたの妹ね、仲良くしなさい」と言われたってね。「そりゃないよ、おっかさん」ということですよね、由々にしてみたら。

画像

亜花に向かって一日中吠えたてる、姿を見ると口中をヨダレで泡だらけにして、ちょっとでも動いたら威嚇する、などの行動を繰り返していました。そのあまりの剣幕に亜花がケージの隅でヘタりこんでしまうほど。もうまさに危険なふたり、♪年上のひと手厳しすぎるぅ~♪ですわ(←なぜそこへゆく)。

そのころ、自分の気持ちを落ち着かせようと、「飼育日記」をメモがわりにつけていました。ちょっと見てみますと、

************

2006年9月13日(水)のメモ (亜花を迎えて5日目)

昼ごろ、11:20。亜花がいつものように少しグズり出す。
昨日まで亜花がグズってもまるで無関心を装っていた由々が、堰を切ったように亜花のケージの前で吠え始める。最初は成り行きに任せていたが、火がついたような剣幕なので、15分ほど経過したころに一旦、由々を呼び、座らせた。テラスに抱いて出て少し落ち着かせようとしたが、目がらんらんとしてまったく私を見ていない様子。

室内に入れたとたん、亜花のケージの前に飛んでいき、吠えまくる。しばらく見ていたが無理に止めてもムダだろうと。吠えられ続けながら、亜花は後ろ足立ちになって由々と遊びたがっている様子で、特におびえているふうでもないが、あまりの由々の剣幕に鳴くことも忘れている。たまに段ボールの上に乗って避難している。どうしよう。

************

こんな調子です。けっこうテンパってますねぇ。このあと、わたし自身が壊れてしまいますゆえ(笑)、メモも悲壮をきわめてゆくのですが・・・。オハズカシイ。

画像

いえ、わたしがいけなかったんです。安易に「そのうちなれるだろ」なんて思って2匹目を迎えましたから・・・。
でもいくらなんでもそこまで由々に子犬を拒絶されるなんて想像もできなかったんですね。ショックを受けてしまいまして、そのうちに、子犬(亜花)の顔を見るのが嫌になってしまい、亜花のゴハン茶碗を見ると吐き気がするようになってしまいました。
ねぇ~、重症ですよねぇ・・・。あ、もちろん、亜花が憎かったわけではないのですが。

なんてことがあって、現在に至る、と。(早っ!)

この地獄のような日々、どうにかして状況を明るくできないものかと、おそるおそるご相談にあがって様々なアドバイスをいただいたのが、今回パピーを迎えたかたでした。ケアン飼いは3匹目のベテランですから心配はいりませんが、先住犬のトイプーちゃんがいます。当然、微妙な関係です。なんだかもう、我がことのようにはらはらしますわ。
とは言っても、おもちゃの引っ張り合いなどもしているようですし、時間が解決しますね。うちなんて、そんな・・・。もう姿を見ただけで吠えまくりでしたから。近寄ることもできなかったですから。

画像

当初はこのブログで、その地獄の犬育てやノイローゼのことも少しづつご紹介できればと思っていたのですが、自分の中でなかなか消化しきれず、未だ手つかずでした。でもわたしのように多頭飼いで苦しんでいるかたもきっと多いのでしょうね。実際、2匹目を飼いきれず、お友達に飼ってもらった、という人もいらっしゃいました。そうなると、人も犬も、どちらも不幸ですしね・・・。

でもですね、大丈夫。
犬の対応力、環境適応力は素晴らしいものがあると思います。こちらが真剣に愛情込めて育てれば、伝わるものなのですよねぇ、不思議ですが。

今となっては、ケアンのくせに亜花のこのぼーっとしたキャラクターは、当時の由々の厳しい教育のおかげだと思っています。

画像

それにしてもぼーっとしすぎだけどね、亜花ちゃん。




ランキングに参加しています。
こちらを↓ぽちっ!とクリッククリック!

ペットブログランキング

よろしくお願いします。





LOVEプリントトレーナー♪多頭飼いなら色違いでお揃いがオススメ!★2009秋冬☆新作★パンプキンハウス☆X-2 ラブトレ Mサイズ 【犬服 ペット服】【02P13apr10】
アイアットパーク
LOVEがプリントされたトレーナー★後ろのリブが印象的!多頭飼いなら色違いでお揃いがオススメ!■カラ


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




コンフォートワゴン CWL 【大型犬・多頭飼い用】
ドッグバッグ シリーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

totoboku
2010年07月08日 09:12
由々ちゃんの具合はいかがですか?

そうですかー、大変だったんですねぇ。
我が家はなぜかその手の悩みはほとんどなく、現在に至っております。
たまーにボクが癇癪を起こすことがあるくらい。
でも押しなべて4わん仲良く過ごしてくれてます。

相性って確かにありますよね。
みみと母の先住犬はけんかはしないものの、お互いの存在を無視しあい一切絡むこともなかったし。
ランに行っても合うコ合わないコって如実に現れますよね。

でも由々ちゃんと亜花ちゃんは分かり合えてよかった。
そう、犬の順応性はホント素晴らしいですもんね。
これからもみんな仲良くね(^_-)---☆Wink
2010年07月08日 12:27
totobokuさん

こんにちは。
由々はおかげさまで痛みは引いたようです。
もう仕方ないですね、年ですから・・・。
ご心配いただいてありがとうございます。

わたしの育児ノイローゼは本当にシャレにならないほどで(笑)仕事にも支障をきたしました。
でも大勢の人に励まされ、なんとか乗り越えられました。
犬は協調性があるから大丈夫~なんて安易な気持ちでいた罰でしょう(泣)。
今の状況が奇跡に近いので、多くは望みませんとも、ええ(笑)。